2005年05月27日

宮部みゆき責任編集 松本清張傑作短篇コレクション(中)



発行:文藝春秋
※注意:推理小説というジャンルに関しては、読む前のネタばれを恐れる人がいるので、気にしない人だけ見てください

今回の編集は、男と女を取り巻く事情、男と女同士の事情に絞った短篇集。「悪女を描く時、清張さんは手加減しませんでした」と宮部みゆきさんは書いていますが、この中で出てくる一番の悪女は「書道教授」の中に出てくる水商売の女。一番悪いのは男なのですが、その男の浮気の事情に漬け込み漬け込み、もはや犯罪と断言していいほどの行為を行います。宮部みゆきさんは前半を「淋しい女たちの肖像」後半を「不機嫌な男たちの肖像」とまとめていますが、男も女もどちらともすがり付き合っているので、色恋に関しての事情は片思いではない限り、ほとんどは皆淋しいのではないかと思うのです。
「不機嫌な男たちの肖像」は、社会に飲まれる、また社会の権力や力に飲まれ翻弄され、その中で身勝手に振舞う人間たちの肖像と言ってもいいほどです。なにせ漠然とした事情の中で漠然と事件が起こるような感じです。この中での一番の悪は「保身」ですね。はっきり言ってしまえば「責任を取らないことが一番悪い」のですが、社会と言うのはどうにも「正義感」を通していくにはとても生きずらい。特に組織という中にいた場合、組織の一員でいる限りは組織の意向に反することはなかなかできない。別に闇の世界とかそういう話じゃなくて、実際会社に入っても似たようなことが起きます。ようは理不尽なんですね。

以下
「遠くからの声」
「書道教授」
「カルネアデスの板」
「空白の意匠」
「山」

続きを読む
posted by ハヤブサ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

マークスの山

発行:講談社

おまたじゃくしは踊る。
人伝えに聞いた話だが、高村薫さんは「ミステリーを書いているつもりはない」と言ったそうだ。なるほど、この本を読むとミステリーではない。犯罪の仕掛けや犯人像よりももっと男臭い小説で、人間感情がとてもリアルに描かれている。肝心の犯人は最初の方でわかるのだが、いわゆる精神病である。現在の日本の刑法では第三十九条の条文により、心神喪失者は罰しないことになっている。この犯人は結論から言うと犯人が逮捕されても徒労に終わる・・・と言ったら変だろうか。たとえ何十人犯人が殺したとしても心身喪失状態なのだから罰せられないということなのだ。これは悲しい運命とも言うべきなのかどうかわからない。最初から何か虚しさを感じる。こんないかれた犯人でも愛してくれる優しい女性がいるのだが、人によってはこの女性にこそイラダチを感じるかもしれない。もう、誰をもとがめる事ができるような状態ではないほどに、様々なことが駆け巡る。特に権力機構が絡んできたり、底に固執する人間の邪さや、権力機構の中で生きる人間の憤りが見える。
そもそも男と言うのは本質的に暴力的なのではないかというのが私の本音だ。この小説の中で生きる刑事は、とにかく狙った獲物を追い続ける。「何のためにこんなことをしているのか」という本人たちも気がついている虚しさすらも引き裂いてしまうほどの闘争本能むき出しの感情は、男を描く時ならではの書き方だ。
男なんてつまらないプライドで動いていると言ってはいけない。基本的に戦っていなければどうしようもなく空回りしてしまう生き物なのだ。この小説ではその闘争の対象がたまたま殺伐としているだけで、形を変え、方向を変え、世の男たちは戦おうとする。それが男なのだ。
意思や感情とは別に、少なくとも体や皮膚に刻まれた記憶が反応するはずだ

心理戦が非常に巧みな一面を見せるこの小説だが、犯人を問い詰める際に出てくるこの文章はこの小説の中で動くすべての人に当てはまる。それだけに、ある意味切ない。その半面、小説の中で重要な位置を占める唯一の女性、犯人の恋人の気持ちがこの小説にたったひとつの救いを与えてくれているような気がする。

読み終わって、この小説は一体なんなのかを考えさせられる。主人公合田が言うセリフの場面でこんな文章がある。
「〜命がかかってるから、その分何か特別な仲間意識のようなものがあるのは感じる。いい意味でも、悪い意味でも。案外、閉じられた狭い世界なのかも知れんな」
「私らみたいだ」
森は一言いい、虚空に向かって軽く嗤った。

何かこの部分が小説すべてを物語っているような気がする。この小説そのものがこの一場面の文章なのだと。まるで滑稽な自分たちの位置や周囲の状況を嘲笑するにはあまりあるが、その中で生きるしかないのも自分らなのだという気持ちがくみ取れる。組織の中で生きる人間。権力、己の保身、プライド、あたかもつまらないものに固執して動いているには誰なんだ。嗤うにも嗤いきれない彼らの苦悩は私らの日常にも深く浸透してくる虚しい問いだ。
posted by ハヤブサ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

宮部みゆき責任編集 松本清張傑作短篇コレクション(上)






※注意:推理小説というジャンルに関しては、読む前のネタばれを恐れる人がいるので、気にしない人だけ見てください

宮部みゆきさんの解説つきの短篇集。当時の編集者の文が最後に寄せられています。私は松本清張さんのからりとして、鋭利な文章が大好きですが、それは並外れた直観力と情報分析からきてるのですね。彼が生きていたらオウムや9.11をどのように見たのか、と宮部さんも当時の編集者も口をそろえたように書いています。この情報化社会。まるで過去が一気に流されてしまうようにどんどん消えていきます。しかし、当事者はこの事件を忘れたくとも忘れられないでしょう。傍観者は体験者と違って、知っているようで、ただ知っているふりをしているだけというのが傍観者なのでしょう。そこへひとつ「観察者」というのが存在してくるわけです。「あれは一体なんだったのか」を様々な資料や、強いようでもろい意思の方向性、人間の弱さ、そういうものから端的にずばずばと書いていくのが松本清張という作家のような気がします。今も苦しむ当事者をかの作家は一体どのように描いたのか、どのように見つめたであろうか、そんな彼の姿と視点を想像するのも楽しいかもしれません。

以下、
「一年半待て」
「理外の理」
「真贋の森」

続きを読む
posted by ハヤブサ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

発行:光文社新書

マイナスには訳がある!プラスにも訳がある!
そこの人、待ってくださいよ。実はこの本、商売人だけの話じゃないんです。身近な生活で役立つ入門会計学でしてね、各章ごとにまとめがあって、忘れてもすぐ思い出せるんですよ!!
絶対お得、これでなんとなくマイナスになっていた貴方の生活も徐々にアップしていくこと間違いなし!!

続きを読む
posted by ハヤブサ at 21:42| Comment(2) | TrackBack(10) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

悪口の技術

 発行:新潮文庫

実践悪口入門編
平成十五年、一月刊行のものを文庫化したものなのでネタは古い。現代人は情報がすべてなのでわざわざ振り返って考察する人はほとんどいないかもしれない。そういう意味で「もうこの本ってあんまり価値ないよね」なんて思ったらもうおしまい。
悪口の真髄とは「いかに悪口と思われずに悪口を言うか」というところにあるという。さらに笑わせたらもう勝ったも同然。でも、現代人とはなかなか苦労しているようで、「笑わせるだけのいい人」になりはててしまってはやっぱり元も子もない。「本通りになんかいかねえよ!」なんて吠えちゃったら、そりゃあんた他人に使われるだけの「いい人」になろうとしてるだけだろなんて言いたくなる。
ちらりと出てくる国旗国家、法律、豊かさへの価値観、心、などへの問題を出している。口語体なので、だんだんと彼のペースに巻き込まれてくるわけだが、たけし氏からしてみれば、私のやってることなんてまったくのナンセンスに見えるかもしれない。
「バカヤロー」と言われるのが目に浮かぶ。
結局「一方的で自閉的な世界」であることは変わりはないのだ。続きを読む
posted by ハヤブサ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

運命は「口ぐせ」で決まる

 発行:三笠書房

誰でも楽に夢が叶う方がいいに決まっている。
メンタルトレーニングの初歩的本。「ああ、言われてみればそんな気がしてくるなぁ」と思えばこういうタイプの本はしめたものである。一部経歴を疑う声があるが、そんなことはどうでもいい。著者は、自分の性格は思い込みであり根拠がないとした上で、目標達成にはそんなに気張らなくてもいいという視点で、それが何故かの科学的根拠もちらほらと挙げていく。人間は「想像」と「現実」の区別ができないらしい。その「想像」の部分を利用し、前向きに行動していくことで、脳にクセがつき、目標達成への喜びが持続していくという。割愛すれば以上のような内容だ。五感をフルに活用したメンタルトレーニングの実践をぜひこの書から始めてみてはいかがでしょう。
続きを読む
posted by ハヤブサ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

キャッシュカードがあぶない

 発行:文藝春秋

貴方のキャッシュカードは狙われている。
銀行の口座開設のさいには必ず銀行の約款事項にサインしている。だが、私たちは普通そんなものは見ない。それ以前に恐らく興味すらない。
だが注意して約款を見てみると、必ず日本の銀行の約款事項には、
「お客様の暗証番号が盗まれた場合の責任について、銀行は一切責任を取りません」
という内容が書いてあるはず。
となると日本の銀行にお金を預けた場合、貯金者への救済処置がない。何かが起こった場合、それに対抗する術をほとんど持たないのが貯金者である。
この本はキャッシュやクレジットカード犯罪の実体と、実際に被害にあった人たちを取材し、より巧妙なカード犯罪とそして被害者を取り巻く過酷な状態を浮き彫りにしたルポルタージュである。
続きを読む
posted by ハヤブサ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。