2005年08月02日

ガイアの夜明け サッカービジネス

今日放送のガイアの夜明けという番組でサッカー選手のチームとチームの橋渡しをするサッカーエージェントよ呼ばれる人々と、その背景で動く巨大なマネー、サッカービジネスを特集していた。
もともとこういった選手を商品として扱う人々は各スポーツ界にいて、大リーグなどでも活躍しているのだが、サッカーは世界的に人気のあるスポーツ。つまりワールドワイドビジネスと言うことになる。

見ていてひとつ気になったことがあった。「人材ビジネス」についてである。日本においての人材ビジネスは海外ほど活発ではない。それに、日本はこれから平気で税金がたかくなる。とてもじゃないが、日本にいれなくなる。優秀な人材は日本にいるということ自体が不利になる。利益が国に吸い取られるからだ。
これは将来的に何を意味するかというと、日本の人的資源の空洞化の危険性がある。つまり、もっと「引き抜き」が活発化してくれば、日本の優秀な人材は海外へと引き抜かれていってしまって、日本国内に残らなくなってしまうと言うことである。これは、日本の窓口の狭さや人材流通システムの不備、そして一番のネックが税金ということになる。
日本には人事において「動的」な性質がない。これはいかにシステムが優れていようと、優れた人材に対して「仕掛けていかない」という一番のデメリットを意味する。それは言い換えてシステムの死である。この不備をただし、人材システムを活性化させるには、どうしても賃金の面や仕事に関しての「評価の見直し」が迫られることは言うまでもない。どう転んでも、「評価主義」に社会は傾く。これは海外の会社を相手にするうえで避けられない事態となる。そのうえで、あたかもスポーツ選手を引き抜くかのように人材を獲得していく。そうなってこそよい意味での流動化が生まれると私は思う。職場の仲間がうんぬんとかチームでの仕事うんぬんという批判はあるかもしれないが、一番の問題は「本人が納得し、そして充実して仕事に取り組めるか」ということが一番大事なのだと私は考える。そういう考え方が日本にはまだ馴染んでいない。個人は会社の歯車ではない。個人は個人だ。それが人権だ。それを最大限に生かすにはどうすればよいのかを真剣に考えていかなければ、人材の空洞化、もっと言えば、日本の経済貧困化が生まれる。人材力は即ち国力だからだ。
国のことを考えるならば、個人のことから考えなければならない。我々は民主主義社会に生きているんでしょ?ですよね?
posted by ハヤブサ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。