2006年02月14日

頭のいい女、悪い女の話し方

発行:PHP文庫

いつの間にかバカ女?
 会話センス50カ条。ダメな話し方、いい話し方、恋愛を発展させる話し方、失う話し方を50の項目に分けている。

 目次を見ればわかるが、悪い例の中には、「いるいる。確かにこういう人いる」と頷いてしまった。いわゆる「イタイ女」「見苦しい女」「迷惑な女」という部類に含まれるのではないだろうか。男性の中でも特に「プライベートを大事にしない」とか「不満ばかり」「荒さがしばかりする」「自分を正当化したがる」「エリート風をふかす」「勝ち負けにこだわる」などは思い当たる。この本の内容をきちっとやろうとすれば鬱になるかもしれないが、気軽に気をつける点をチェックする程度で少しずつ改善していけばいい。

 また自分がそうである場合、他人がそうである場合の対処法が書かれているため、自他共に客観的に見られるようになるのではないかと思う。自分へのチェックとして本を気楽に活用していただきたい。
posted by ハヤブサ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13276117

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。