2006年01月12日

雪国

発行:新潮社

わぁ・・・素敵♪
 川端康成の代表的作品。きらりと舞い落ちる雪のような美しい描写と文体で切々とした恋愛模様を描いていく。

 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」で始まるこの小説は描写がとても美しく、またよく読むとエロティック。高校生あたりで読んでも気がつかなかったものが、「ああ、そういうことをこの女性としちゃったのね」と妄想できるまでに成長しました。もう己の純な時代は過ぎ去ったと言うことでしょうか。女性心理の描き方が絶妙すぎて、男性としてはわかりづらかったりするところもあるかもしれません。でも女性なら微妙な期待とそれへの裏切りと愛情と先走りと勘違いから生まれてくる駒子の感情がわかるのではないでしょうか。男性なら急に甘えだしたり、すねたり、時には怒り出しちゃったりする女性の姿に混乱する方も少なからずいらっしゃるとは思います。現在ではホステスがこの微妙なやり取りで男性客を翻弄することがあるので気をつけてください。

 意外にも惚れやすい主人公の男性。主人公の視点が魅力的に人物を浮き立たせています。私なら節操なくがばっとやっちゃいそうなものが、結構じわじわ、つかず離れずやるのでストイックにも見えてきます。この微妙な距離感がまたたまらなく快感になってくるかもしれません。

 熱を感じるほどに近くなく、また冷えるほどに遠くない心理的距離が星にも似た雪の結晶の降り注ぐ世界で展開されていきます。また読みたくなる作品。

posted by ハヤブサ at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊豆の踊子

 発行:新潮社

生々しい人間を描きつつも不可侵的な領域を作り上げる
 孤児根性で歪んでいると厳しい反省を重ね、その息苦しい憂鬱に耐え切れないで伊豆の旅に出てきた青年が、旅芸人の踊子へと思いを募らせ、心を浄化させていく「伊豆の踊子」、温泉街で働き毒づきながらも力強く生きる女たちを描く「温泉街」、死んだ男性への恋慕と回想を美しい文体で切々と描く「抒情歌」、鳥という動物を通して人間を描いた「禽獣」の四本の短篇集。巻末には三島由紀夫が文を寄せている。

 川端康成をふと読みたくなって、数年前に読んだものを改めて読み返してみました。本とは不思議なもので年をとるとまた違った風に感じられてきます。

 人は自分の感情によって他人に対する見方がころころと変わります。いらだっている時に人を見るときと、非常におおらかな時に人を見るときでは、また違った印象があるのではないでしょうか。

 川端作品には、とても毒気があるように思えます。それは「人の醜さに対する毒気」であり、「死」に対する極限的な見方であり、その毒気が綺麗な文によって包み隠されているので気がつかないでいたのだと思います。


続きを読む
posted by ハヤブサ at 06:05| Comment(12) | TrackBack(6) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。