2005年08月11日

戦争映画

いつか、大東亜戦争(日本人としてあえて、こちらの名前で呼ばせていただく。否定しても、日本人であることは変わりがない。そこからまずは考えたい)を、まったく違った近未来型の話として作りたい。
自分が生涯の中でやらなければならない仕事だという気がしている。
そのためには、早く出世して、戦争体験者の生の話をできるだけ集めなければならない。
時間は少ない。
posted by ハヤブサ at 02:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きて死ぬ智慧

発行:小学館

般若心経入門の最高の書
 般若心経をわかりやすく訳した、とてもシンプルな本。イラストも綺麗で今までちょっと般若心経の本を手にとってもぱっとしなかった人はこれが最適の本になることは間違いない。ここまでシンプルでわかりやすい本は他にはない。見やすく、綺麗。現代風に書かれているのでまたこれもとっつきやすい。
 最近の物理学はおもしろい。特に粒子に関する本の中で「僕らは存在と言うものに関してどう定義するか、という問題について、まずこの本では触れないことにします」という前置きがあるのがおもしろい。結局、原子を構成する陽子、電子、中性子があって、さらにそれらを構成している粒子が見つかって、内容はよくわからなかったが小柴さんなどが素粒子の研究においてノーベル賞をもらったりした。
 粒子というものは、写真のように静止した空間には確かに存在しているが、常に飛び交っている。次の瞬間にはどこかにぶっ飛んでなくなってしまっているのだ。それを物理学が発見して、「じゃあ、物の大元が静止していない、不安定な状態なのだから、存在するってどういうこと?」と、学者は混乱しているわけです。これが文学系の博士じゃなくて、理系の人が証明してしまった。科学的解釈とはそのことをさしています。
 人は五感によって他者と自分を区別しています。つまり、感覚があるから自己を認識できる。しかし、僕らも宇宙も結局「粒子」でできあがっていますから、他者も自己も石も木も宇宙も地球もなにもかも同じなわけです。それをはっきりと他者と自己を区別しているのは、感覚からによる内的精神活動のためです。もっと言えば「個の保存」です。だって、他人のこと自分だ、あいつもこいつも自分だって思ったら生きていけないわけですから。
 色即是空、空即是色がすべてを物語っています。簡単に言えば「あるからなくて、ないからある」ってことです。苦しみや恨みや悲しみや知識などはすべて五感の生じるところであって、あなたの感覚がなければすべては存在しないでしょう。だけれど、すべてがない感覚こそこの宇宙を含むあなたの存在なのです。というのが、これ。悲しみも恨みも感じる感覚がなければそれは存在しない。感じないでいることこそ、すべてを感じる第一歩です。生まれるから死に、死ぬから生まれる。結局は一面的で同じこと。そういう痛烈な二律背反が般若心経の世界なんです。
 五感ってなんでしょう。生命ってなんでしょう。死ぬとか生きるとか、常に二律背反が僕らの宿命としてあるわけなのですが、私たちはどうしてもはっきりと結論を求め、区別したがります。もっと言うならば「自分を満足させるために自分を納得させる理由を求めずにはいられない」生き物なんです。そう考えると、人間の感覚ってナンセンスです。
 私は「同情」と「思いやり」の違いについて考えていました。「同情」はとても内向的な気持ちです。その気持ちはむしろ相手よりも、自分自身に向いている。自分の感覚が結局内側でぐるぐる回ってそこから「ああ、相手って、痛いだろうな」っていう感覚が「同情」。でも、「思いやり」は、もっと自分を越えたところに存在するんじゃないのかなって思います。自分の体験以上の物事をくみ取り、相手への推量ができ、そして相手が喜ぶことをできたならばはじめて「思いやれる」のだなと考えたりしました。
 とにかくこの本、宗教臭さがぜんぜんなくとっつきやすい本です。これはオーラ指定の本ですよ。
posted by ハヤブサ at 00:25| Comment(6) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。