2005年07月21日

きっと君は泣く

発行:角川文庫

女であるということ
 「女」であることを作り出し、それを武器にしていく主人公。「女」への固執が整形などの外見的な「美」へと走らせたこの主人公の対比として「大魔神」と呼ばれるブス女が出てくる。「女」は女で生まれたときから「女」というわけではない。「女」は自ら創り上げていくものだという作者のメッセージがくみ取れる。ブスは自分への手入れすらしようとしないからブスなんだということだ。この主人公はけっこう辛辣。私が書いたりしたら反発を買いそうだが、女性が書いているので反発の気持ちが薄れる。説得力も出てくる。自分への卑屈な気持ちを持った人間はその卑屈さを時として武器にするが、私はそれは醜いことだと思っている。本人にとっても諸刃の剣のはずだ。お互い反発しあう二人がどことなく打ち解けていく過程もおもしろい。
 この主人公、ちょっとバカっぽい主人公なのだが、その主人公の最大の欠点もこの話の中で出てくる。それは「想像力」である。
 どことなく腹の立つ人間のほとんどは自己中心的である。自己中心的である最大の原因は自分のことしか考えられないからである。それは明らかに周囲の状況や心情を思い浮かべるだけの想像力が欠如している。あくまで周囲の状況から自分のことだけを考えているのが自己中なのだ。
 鏡の話が出てくる。鏡はありのままの姿を映すという。
「どの写真を見ても、あんまりよく写ってないとか文句言うだろ。写真も一緒だ。〜他人が見たとおりに写ってるんだよ。違うと思ってんのはお前だけだ」

 ほとんどこの主人公、手段を問わないような都合のよさが垣間見える女だが、それでも最後には欠けていた一片を見つけたようなところが印象深い。さて、彼女が見つけたのはなんだったのでしょうか。
posted by ハヤブサ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナチュラル

発行:幻冬舎

最も自然なもの
 まるで箱庭劇のように話は進む。一人の女性を中心として二人の男性との性の繋がりと三角関係とを通してそれぞれの心情を浮き彫りにしていく。
 いわゆる不倫だったりと大人の事情が垣間見えるが、むしろ主人公はそんな事気にしていない。刹那的よりもむしろ温かみを求めて居心地のよさだけを感じているようにも思える。
 最も自然な男女の繋がりはなんなのだろうか。私にははっきりとは断言できないが、ここでは性での繋がりを強調している。すでに妻子のいる彼氏に比べ「俺の子供を産め」という浮気相手が対照的だ。主人公のセリフがことごとく主人公を照らし出しているのが大変皮肉だった。
 理性的なものよりももっと本能的なのが身体だ。体が性を覚えていてそこから感情が揺れ動く。脳よりも体が条件反射で動く。最初に犬のことがでるが、まさにこの主人公は躾された犬を象徴するかのようだった。誰かの「ナチュラル」に従うこと。己の「ナチュラル」に従うこと。求めるものと与えるものが一致すれば互いに離れられなくなる。それは自然に起こってしまうことのように思える。一方の関係では秘密を守り、一方の関係でもどうどうとしつつも彼の家庭へは踏み込めない。ここでも秘密を抱えている。三人ともずるい関係を続けていくのだが、セックスの味を強烈に覚えた関係というのは、私は普通の恋愛よりももっと特殊に繋がっていくように思える。それはやはり理屈を越えた本能の問題なのだ。本能に近いということは最も生物的な人間に近い。自然な状態であるということだ。
「恥ずかしさは必要なのよ。何をして生きていくにしろ」

 性が生だとすれば、主人公は何を求めたのだろう。ただ、主人公は今の関係が壊れることを恐れていた。全身が余さずに満たされる快感にひたっていたかったのか、穏やかな水に浮いているような気持ちになれるのが好きなのか。どことなく寂しさを覚える不思議な作品だと思った。
posted by ハヤブサ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。