2005年07月06日

トラトラトラ!



えぇ!?アメリカの映画なんですか???
真珠湾攻撃の映画。第二次世界大戦の勃発の瞬間を描く非常に中立的で貴重な映画。
ハリウッド作品、そうでなくてもアメリカの歴史映画作品は、エンターテイメント風に脚色されていたり、作る側の意図によって中立的な立場を失ったりなど、まあ、ようするに誰かがやられたコンチクショウ、もう許さねぇぞ、末代まで呪ってやるとか、主人公がいて、その視点、感情などから描かれたりします。
しかしこの映画は、殺された悲しみなど一切を排除して歴史に忠実に描かれている珍しい作品です。なので本当にアメリカ作ったのかなとかなり疑ってしまいました。
70年作の映画で日米合作映画。日本の昔懐かしい俳優さんもしっかり出てます。ちゃんと日本語しゃべってますよ。
当時の歴史的な背景を忠実に再現してます。それぞれの思惑もきちんと表現しているし、山本五十六が「一年くらいは暴れてやります」って言ったのも有名なセリフです。結局日本の弱点はエネルギー資源のほとんどすべてを輸入でまかなっているために、石油抑えられないと自滅するんですね。当時はアメリカの経済制裁なども受けていて非常に国が瀬戸際に立たされていたということも忘れてはいけません。
結果的に言えば宣戦布告をせずに奇襲攻撃をしてしまったことになりましたが、太平洋戦争(日本側で言うところの大東亜戦争)は、当時の大本営参謀、瀬島龍三氏によると「あれは防衛のための戦争であった」と仰られております。
歴史的なことについて言及するには、様々な思惑が重なっており、また知られない事実も多数存在することから断言することはできませんが、教育に関してはこの近代史をしっかりと教えなければいけないと思います。
教科書問題なんたらとややこしいこともありますが、今の子にきちんとした事実を教えなくて、どのように戦争に対して考察をしていけばいいのかわからないと思います。こういうことはきちんと伝えていくべきだし、直視していくべきことだと思います。

今の若い人たちにきちんと見て欲しい映画。戦闘機シーンも大迫力で真珠湾攻撃シーンは圧倒されます。今見てもちゃんと映画として楽しめる作品ですよ。

興味が沸いたなら、ここからの日本の敗戦までの流れと、様々な玉砕戦法、思想統制を調べていくといいですよ。

瀬島龍三

瀬島龍三を題材にした小説「不毛地帯」
posted by ハヤブサ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。