2005年06月01日

白い薔薇の淵まで

発行:集英社

純粋すぎたら死んでしまう
 第十四回山本周五郎賞受賞作。私自身は同性愛者については理解があるとは言わない。だが、別に人がやる分にはかまわない。私にさえ迷惑がかからなければいいのだ。最初は官能小説系の作品かと手に取った。個人的には自分で優れた作品を探す金銭的な余裕がないので、すでに評価が下されたものを多く買う。読んでいてとても取材程度のものでは補いきれないほどの細かな心理描写が全編にあふれ出てくる。もし、取材だけでこれだけの文章が書けるのならば、本物の天才だろう。この文章はかなり生活に密着しているか、もしくは天才かのどちらかだろうと思ったが結論は最後のあとがきを見るにあたり前者だった。私は男なのだが、レズビアンを相手にするとえも知れぬ嫉妬心が沸き起こる。一体なんなのかはわからないほどに嫉妬する。気持ちがわかるとまではいかないまでも、(以下は想像するにだが)同性愛に陥ると、異性の「性」というものがとてつもなく物質的に見える。同性同士の細胞は似たような物質でできているために本当に共鳴しあうのだろう。そこには同質でいて、かつ異質な心地よさと完全なる異物ではない安心がある。きっと他の性など「異物」に感じるのは、異性同士のセックスがあまりにも義務的で滑稽に感じてしまうからなのだろうと思う。まあ、これは想像の範囲を出ない。

続きを読む
posted by ハヤブサ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。