2005年05月27日

宮部みゆき責任編集 松本清張傑作短篇コレクション(中)



発行:文藝春秋
※注意:推理小説というジャンルに関しては、読む前のネタばれを恐れる人がいるので、気にしない人だけ見てください

今回の編集は、男と女を取り巻く事情、男と女同士の事情に絞った短篇集。「悪女を描く時、清張さんは手加減しませんでした」と宮部みゆきさんは書いていますが、この中で出てくる一番の悪女は「書道教授」の中に出てくる水商売の女。一番悪いのは男なのですが、その男の浮気の事情に漬け込み漬け込み、もはや犯罪と断言していいほどの行為を行います。宮部みゆきさんは前半を「淋しい女たちの肖像」後半を「不機嫌な男たちの肖像」とまとめていますが、男も女もどちらともすがり付き合っているので、色恋に関しての事情は片思いではない限り、ほとんどは皆淋しいのではないかと思うのです。
「不機嫌な男たちの肖像」は、社会に飲まれる、また社会の権力や力に飲まれ翻弄され、その中で身勝手に振舞う人間たちの肖像と言ってもいいほどです。なにせ漠然とした事情の中で漠然と事件が起こるような感じです。この中での一番の悪は「保身」ですね。はっきり言ってしまえば「責任を取らないことが一番悪い」のですが、社会と言うのはどうにも「正義感」を通していくにはとても生きずらい。特に組織という中にいた場合、組織の一員でいる限りは組織の意向に反することはなかなかできない。別に闇の世界とかそういう話じゃなくて、実際会社に入っても似たようなことが起きます。ようは理不尽なんですね。

以下
「遠くからの声」
「書道教授」
「カルネアデスの板」
「空白の意匠」
「山」

続きを読む
posted by ハヤブサ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。