2005年04月26日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

発行:光文社新書

マイナスには訳がある!プラスにも訳がある!
そこの人、待ってくださいよ。実はこの本、商売人だけの話じゃないんです。身近な生活で役立つ入門会計学でしてね、各章ごとにまとめがあって、忘れてもすぐ思い出せるんですよ!!
絶対お得、これでなんとなくマイナスになっていた貴方の生活も徐々にアップしていくこと間違いなし!!

続きを読む
posted by ハヤブサ at 21:42| Comment(2) | TrackBack(10) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危ない脳?



もしも、脳の信号が「想像」と「現実」を区別していないのであれば、子供にとって「ヴァーチャル」というものに長く浸らせるのは危険すぎる。なぜならば感覚そのものを学ばない行為というものは、感覚の抜けた現象だけを理解することになる。それよりも喧嘩をある程度止めないでやらせたほうがずっといいということになる。感覚を学ばなくて、現象だけを学んでいくならば、「騒いだから殺すのに興味がなくなった」とか、「人が騒ぐのがおもしろかったから殺した」とか、とにかく現実離れした理屈も理解できる。彼らにとっては「テレビ画面」の中で起こっている感覚とまったく一緒ということだ。「殴られて学んだ現実」から理解するものと、「テレビ画面から学んだ現実」とは脳の中では同じ「現実」であって、「テレビやゲームでしか学んでいない人」は「感覚」を知らないのだから、いくら口で「これはいけないことで、凄く苦しいことで、悲しいことなんだ」と説明したところで何一つ理解しないはずだ。
思い返してみれば、そんな「ゲーム感覚」の事件がいくつも起こっている。「ゲームで練習したから飛行機を飛ばせると思った」というハイジャック事件、今回の列車事故も似たようなゲームをやっていたのではないだろうかとついつい疑ってしまう。特に信じられない供述をするのは若い人が多いように思う。これからますます「ヴァーチャル」が強化されていく時代で、どのように「現実」と「ヴァーチャル」の違いを教えていくかは大きな鍵になるかと思うが、その大きな解決策になるのが「コミュニティー」というキーワードであるだろうことが考えられる。
posted by ハヤブサ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。