2006年05月20日

Vフォー・ヴァンデッタ

久しぶりに新作で、頭のよい映画に出会った気がします。
さすが、ハリウッド。
と、言うより、「マトリックス」を作ったウォッシャウスキー兄弟が脚本を書いていたのですね。
やっぱり、相当の教養人であり、インテリであることは、この映画のひとつの主題となっている「国家と国民」からもわかります。
要するに、そこに焦点を当てることで、国家と国民との間に自然と浮かび上がってくるものがあるわけです。
例えば、権力、政治、情報、支配や統制、国家と国民はいかにあるべきか、などのことが浮かび上がり、現代社会そのものを命題にできるわけです。
舞台は近未来のイギリスで、政府が独裁政権を敷き、国民を完全統制しているという設定。
ようするに、国家が国民をさまざまな抑圧(国民が抑圧と感じなければ抑圧ではないのだが)をしいて、国民を支配している。
それだけではなくて、例えば同性愛者、異教徒、不治の病を持った者の排除、夜間外出禁止令など、いわゆるファシズム的な思想で国家が成り立っている。

変わっているのが、この映画の主人公?となる「仮面の男」。
女性でナタリー・ポートマン(スターウォーズ、レオン)が出てくるのですが、仮面のほうはヒューゴ・ウィービング(マトリックスのエージェントスミス、ロード・オブ・ザリングのエルロンド)が、本作では一度も素顔を見せずに終わります。
今回も「マトリックス」のように、しゃべり方にたいそう特徴があり、台詞もウィットにあふれているので、なんとなく真似したくなります。
この仮面の男が、独裁政権の中に住む国民へ、「君たちはこれでいいはずがないのだ」ということを訴えるわけです。
この仮面の男が、革命的な思想の元に行動を起こしていくと言う話。

アクション映画と思いきや、そういう視点で見ると、たいそう地味な感じがします。
それよりも、ああいう娯楽作品と違って、主張と命題がしっかりしているので、たいそう頭も使わされ、苦手な人にはよくわからないまま終わるかも。

続きを読む
posted by ハヤブサ at 03:33| Comment(21) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

負け犬の遠吠え

発行:講談社

この本が「悪の枢軸」です(笑)
 30歳を過ぎた未婚で子どものいない女性はすべて「負け犬」とした上で、なぜ負け犬になるか、負け犬の特徴を挙げて、痛快かつユーモラスに仕上げている。自分を「負け犬」と認め、開き直ることで「聖域」と呼べるほどの不可侵領域を築き上げている。

 もう、ここまで書いたらもはや別世界の人のように見えてくるが、本当にこれはギャグの本ではないかと思うほどにおもしろかった。思い当たるふしがありすぎた。もちろん私が男性だから気楽なのかもしれないが、該当する女性はあからさまに敵意と憎悪をむき出しにし、これから負け犬になりそうな女性に不安感を与え、専業主婦からは足蹴にされそうな内容である。彼女らはさっさとこの本を集めて広場で燃やしつくし、高々と燃え上がる炎を囲んでほくそえみたい気分になっているであろう。ぜひ、作者には生涯負け犬として過ごし、負け犬として死に、その間際に負け犬でいることの功罪を本にしてシリーズ化して欲しいと思う。まさに命を削って日本国家に奉仕する役を彼女は石をぶつけられてでも買って出たということだ。物事に犠牲は必要だ。ぜひ、現代女性のキリストとなっていただきたい。

続きを読む
posted by ハヤブサ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭のいい女、悪い女の話し方

発行:PHP文庫

いつの間にかバカ女?
 会話センス50カ条。ダメな話し方、いい話し方、恋愛を発展させる話し方、失う話し方を50の項目に分けている。

 目次を見ればわかるが、悪い例の中には、「いるいる。確かにこういう人いる」と頷いてしまった。いわゆる「イタイ女」「見苦しい女」「迷惑な女」という部類に含まれるのではないだろうか。男性の中でも特に「プライベートを大事にしない」とか「不満ばかり」「荒さがしばかりする」「自分を正当化したがる」「エリート風をふかす」「勝ち負けにこだわる」などは思い当たる。この本の内容をきちっとやろうとすれば鬱になるかもしれないが、気軽に気をつける点をチェックする程度で少しずつ改善していけばいい。

 また自分がそうである場合、他人がそうである場合の対処法が書かれているため、自他共に客観的に見られるようになるのではないかと思う。自分へのチェックとして本を気楽に活用していただきたい。
posted by ハヤブサ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人の愛 ホントの愛

発行:成美文庫

本当に男性心理の核心をついている
 女性向けの本だが、男性心理をうまくついているため、むしろ女性側からのアプローチの仕方ではなく、「こういう男はどんな男なのか」の核心をついている。ダメ男、いい男の見分け方、愛し方読本。

 著者は「父権の復活」を試みているようだ。わかりやすく言えば「トップダウン方式」。つまり上から物を言う、統率する、そんな感じだろう。そういう方式では、現代の女性心理からしてみれば、多少苦痛に思う部分があるのではないだろうかと思った。特にセックスについての項目について、私は反論がある。負の感情(寂しさ、悲しさ、恨み、怒りなど)で女を抱いては絶対にいけない。女性は「心地いい男性」を求めるものだ。それが時として「都合のいい」ものに置き換えられているが、基本的に女性は深く関わった男性心理の影響を受ける。変化に気がつかないのは毎日自分を見ているからだ。久しぶりに会った友達には見抜かれるくらい変わる。一度悪い影響を受けてしまうと、女性の場合「毒抜き」が非常に困難になる。精神の一部分が毒されてしまうと、自分自身ではなかなか毒抜きがきつくなる。ダメな恋愛を繰り返してしまうのは、実は同じ恋愛を繰り返して傷を掘り下げているからだ。よくよく自分を考えて欲しいと思う。必ず、似た部分があるはず。必ず、ウィークポイントがあるはず。それが、現在あなたを毒している部分かもしれない。

続きを読む
posted by ハヤブサ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっと「モテる男」になる方法

発行:三笠書房

男のダンディズムとは
 もっと大胆で、控えめで、マナーを守り、戦い続け、夢を持ち、近づきがたく見えそうでも、とても惹きつけられる男とはいかなるものかを説く男のダンディズムの書。「いい人」ではなく「いい男」とは男らしくなければならない。男の真の「男らしさ」でアピールするための本。

 「がっつく」というよりも、「制御」する、というのがポイントじゃないだろうかと思った。この本は頷ける点が多々ある。不良っぽく見えても、マナーは絶対守る男。「清潔感」は21世紀のモテる男のキーポイント。満腹ではなく腹八分。見えない場所にどれだけ気を使えるかなどがあり、性についても触れている。男性向けの本なので、むしろ女性に読んでもらいたい部分があったが、それは「ペニスの否定は男としての存在価値を否定されたも同然」という内容。そのように存在価値を否定された男が幻想に走り、憎しみから犯罪へと走ることもあるという部分は、確かにありえると思った。体に本来備わっていてどうしようもない部分、例えば背が低いとか、顔の目の部分が気に入らないとか、足が短いとか、そんなコンプレックスでさえ否定的に言われたら傷つくのに、ましてや生殖器ならなおさらだと思う。当然、そのように相手のことが気遣える「いい女」は安易に否定したりしないだろうが。

続きを読む
posted by ハヤブサ at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最初の一言をどうかけるか? なぜか「モテる人」、出会いの話術

発行:幻冬舎アウトロー文庫

ナンパテクニック指南本
 特に小難しい説明もいりますまい。そのままナンパテクニック本です。街行く女性にいかに声をかけて女性をゲットするかのテクニック本です。よく訪問販売のセールスマンやデパートでの店員などが似たようなテクニックを使います。いかに相手から考えさせる力を奪っていくかが大きなキーポイント。

 この本では、理論のあとは実践、しかも数をこなせとありますが、私自身はなりふりかまわぬえげつない方法は反対なのです。では、なぜこういう本を紹介するかというと、ナンパという手段も時としてはありかなと思うのです。男の側が真摯ならば、必ずよい恋愛に発展します。ただ、ストリートが基本のナンパテクニックだったりするので落ち着いた場所での声かけとはまた違ってきます。本当にいい女を口説きたければ、口説かずとも惚れられるような内面を鍛えましょう。
posted by ハヤブサ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人は見た目が9割

発行:新潮新書

ノンバーバル・コミュニケーション?
 色、仕草、形など、「視覚情報」がいかに感情や考えを左右しているか、その影響を心理学的背景から説明している本。言語が7%しか物事を伝えていないのに対して、ノンバーバル・コミュニケーション(言語以外の伝達)は残りの93%を伝えている。また、「間」や「嗅覚」に関することにも触れている。見た目が左右する人の心を考察することで、自分や他人が見えてきます。著者は『哲也 雀聖と呼ばれた男』の原作者(筆名:さい ふうめい)で、漫画を使った人間のデフォルメ講座もまたおもしろい。

 我々は知らず知らずのうちに見た目で左右されている。時としてそれは自分への自信のなさに現れたり、他人をなんとなく信じてしまったり、見た目を制御することで自分を自信のある人物に見せかけたり、かわいく見せかけたり、知的そうな人に見せかけたりする。別に誰に教えられたわけではなく、人には見た目から発生する「先入観」にとらわれる。そしてその「先入観」は真実を大きく見誤らせるということをこの本は示している。

続きを読む
posted by ハヤブサ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

街は眠らず動き続けます。
それでも、朝日が昇る少し前、多くの人々が目覚める少し前、新聞を配達する人の目覚ましは鳴ります。
新聞配達員が、寝ぼけながら目をこすり、冬の朝の寒さに凍えながら着替え、配達所から新聞を各家庭に配る頃、お母さんは一人起きだして野菜を切り、炊き上がったご飯をもって、ガスをつけ、玉子を割り、フライパンの中で味付けをしながら、少しだけレトルトで手抜きをして、お弁当と朝ごはんの支度をします。
新聞配達員が、いつものルートを回る頃、少しだけ朝日が見えて一気に空が明るみだします。
いつもの同じルートでは、おじいさんが早起きして庭でラジオ体操をしています。
新聞配達員はおじいさんに挨拶をします。
「おはようございます。新聞です」
新聞配達員のいつもの元気そうな顔を見るとおじいさんはにっこりと挨拶をします。
「いつもありがとう」
新聞配達員はおじいさんの「ありがとう」の言葉にいつも心が和みます。
配達員の新聞が残り少なくなった頃、お母さんのお弁当はみっつ、できあがって、朝ごはんのしたくも終わりました。
お母さんは子どもとお父さんを起こしに行きます。
子どもが口をあんぐり開けて、布団を蹴飛ばして、パジャマから少し腰おなかを出して幸せそうな夢を見ているとき、お母さんは声をかけます。
「早く起きないと学校に遅れるよ」
お母さんはお父さんも起こしに行きます。
昨日の接待で飲み続けで部屋の中には少しお酒の臭いが残っています。
それでも、布団を蹴飛ばして、パジャマから少しおなかを出して、口をあんぐりあけています。
まるで子どもを二人起こすみたいな気持ちになります。
「お父さん、朝ですよ。会社に遅刻しますよ」
小さな子どもと大きな子どもは起こさなければ遅刻してしまいます。
お母さんはお父さんの二日酔いを気遣って朝からコーヒーではなくホットミルクにほんの少々コーヒーを入れたコーヒー牛乳を作ってあげます。
ふやけた声で「おはよう」と目をこすりながら二人は起きてきます。
朝の支度をして、三人が開かれたカーテンからさんさんと降り注ぐ太陽の光を浴びながら「いただきます」を言う頃、おじいさんは仏壇のおばあさんに水とご飯と少々の漬物を備えて手を合わせます。
「おはよう。ありがとう」
そう心の中で自然と言いながら。
おじいさんがてを合わせ終えて、一人でご飯を食べようとしている頃、一人暮らしの大学生はようやく目覚ましでだるそうに起きだします。
昨日友だちと夜まで遅くはしゃいでいた大学生は、実家から送られてきた小包をそのままにしておいていました。
食料がないから米を送ってくれと催促したら送ってきた小包です。
きっとお米やらなにやら入っているのだろうと思って、朝ごはんの支度をしようと小包を開けてみると、お米のほかに手紙が添えてありました。
手紙の中は少ない文字で、母のしっかりした文字で二行だけ書かれていました。

 元気でいてくれることが一番の安心です。
 疲れたらいつでも帰ってきていいからね。

いつも母親をそっけなく扱っていた大学生は、母親のあたたかく書かれた文字の柔らかさと、その言葉に思わず胸を詰まらせました。
「今日は、実家に電話でもしようかな」
大学生はそう呟いてカーテンを開けると眩しい光が部屋と大学生を包み込みます。
その頃大学生の両親は食卓でゆっくりとご飯を食べていました。
テレビを見ながらご飯を食べるお父さんは、静かにご飯を食べるお母さんをちらりと見て、テレビのほうを見直して聞きます。
「おい」
視線を向けずにご飯を食べるお母さんは「なんですか」と言います。
「送った米、ちゃんと届いたんだろうな」
お母さんは、ふわりと口元に笑みを浮かべてご飯茶碗を持ったままお父さんを見ます。
「大丈夫ですよ」
「そうか」
お父さんはテレビから目を離さずにご飯を食べ続けます。
それがシャイなお父さんの必死の照れ隠しだと思うとお母さんの心は朗らかになってきます。
お父さんがテレビを見ながら息子のことで安心しきっている頃、新聞配達員は仕事を終えて家路についていました。
配達員が家について一人でご飯を食べていると携帯が鳴り出してメールが届きました。

 おはよう。
 今度の土曜のデート、いいよ。

配達員はメールを見て飛び上がって喜びます。
配達員がメールで舞い上がっている頃、お弁当を持ったお父さんと子どもは先に家を出ます。
「いってきます」
大学生の父親も、仕事に出かけます。
「いってくる」
玄関から光があふれ出て、人は朝を感じます。
お父さんは子どもの手を握って歩きます。
新聞配達員は余裕を持って学校へ行きます。
大学生はのんびりしすぎて、急いで玄関を出ます。
おじいさんは今年も山登りを続けるためにジョギングをしだします。
ジョギングの先々で自分よりも若い人がひいひい言いながら走っているのを見ます。
(山で足手まといには絶対にならない)
おじいさんは強く思いながら謙虚な気持ちで走り続けます。
道行くジョギング仲間に挨拶をします。
「おはようございます。いい朝ですね」
みんな微笑みながら挨拶を交わします。
大学生の母親は家事を済ませた後は、花と社交ダンスのサークルに行くスケジュールが入っています。
お母さんはデザイナーで、お弁当を持って洋裁の仕事に出かけます。
ファッションショーまでに衣装をそろえなければなりません。
朝の街は忙しく動き始めます。
小さな夢も、努力も、微笑みも、朝の挨拶から始まります。
「おはようございます」
なんでもない挨拶が、毎日のあたたかみを運びます。
そのあたたかみの傍らで、植物たちは人を見守り生きています。
朝です。
朝の、光です。
あたたかい朝の、「おはようございます」
posted by ハヤブサ at 03:29| Comment(0) | TrackBack(1) | お話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

「脳」整理法

発行:ちくま新書

わかれば納得!
 読むとだんだん快感になってくる現代への脳整理法。

 科学の視点により、世界の仕組みと個人の生活から学ぶ知恵とその間にある偶然という三つの視点から、溢れ出す情報公害への対処法を学ばせてくれる。また、情報を整理することによって個人のあり方も提言する。現代人目からうろこの必読の書。

続きを読む
posted by ハヤブサ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きるのがつらい。 「一億総うつ時代」の心理学

発行:平凡社新書

あなたもまわりもうつ防止
 自分や他人を追い込まないためにも役立つうつのための思考法。

 一億総うつ時代のためのうつの人への思考法。反ポジティブ思考法で、自己・他者受容しようというのがこの本。具体的な方法もまとめられているのでかなり役に立つ。がんばりすぎてしまったり、どうしても「〜しなければならない」という強迫観念が抜けない方、気がつかない間にうつになってしまう人などの危険性を、社会的な環境からも指摘している。また身近な人に対しての救助方法、うつにならないための予防策も記されているので、うつではない人にも充分役に立つ本と言える。

続きを読む
posted by ハヤブサ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。